スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英検 vs TOEIC?

ワタクシ、昨年度から某専門学校で週2日「英検準1級対策クラス」っつーのを受け持っております。 英検が非常に非常に優れたテストであることは番人が・・・あれ?・・・万人が認めるところでしょう。

で、ときどき言われるのが「TOEICには話す試験がないけれど英検にはあるから、英検の方が優れている」説ですが、TOEIC L/R、S/Wの4分野満点と英検1級を持っている身の上としては「う”〜〜む」と唸らざるを得ません。

英検も準1級ともなると2次試験は「それ、日本語で尋ねられても答えに窮するでしょ」という問題が出ます。この難しい試験に毎年1万人以上が合格するし、準1級まで行かずとも2級2次も十分に難しいですよね。 これが何十年も続いているわけだから日本人全体の英会話力(と呼んでいいのかどうかわかりませんが)も上がるやろ、と思えるのですが実際は(モゴモゴモゴ) 線の長さは定規があれば1mm単位まで測れるけれど、英会話力、いや、英語力を測るための1mm目盛りの定規は開発し得ないんじゃないかと思えます。(某T◯EICの目盛りはずいぶん細かく打ってありますが。^^;)

資格を取ることは英語に限らず大賛成ですし資格取得に向かって努力することは非常に尊いことではありますが、資格はあくまでも「目安」であって、「このスコア(or級)を持ってたらたぶんこのぐらいの力がある・・・・・と思われる」ぐらいのものと思っておくのが無難じゃないでしょうかねえ。 「◯点持ってるのにこんなことも知らない!」とか「◯級のわりにはイケてないな。」とか思って自分を責める必要もないでしょうし、会社の管理職さんがそんなふうに新人さんを見てはかわいそうだとも思う今日この頃だったりします。
スポンサーサイト
プロフィール

Joy

Author:Joy
・TOEICテスト990点満点
・TOEIC S/Wテスト400点満点
・英検1級(優良賞受賞)
・通訳案内士(英語)
・高卒・留学経験なし
・大学と専門学校と高校で英語各分野を教えていたり、たまに英語の先生に英語をお教えしたり
・・・・・な、株式会社の代表取締役のオバチャンです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。